2017年3月13日 (月)

千葉 太東海岸へラグジュアリー車中泊の旅に行ってきました!

LEXUS LX470(=日本名ランドクルーザーシグナス)をお洒落な室内照明やフェイクグリーンなどを飾り、ベッドの裏面をテーブル仕様にしてプチラグジュアリー仕様にしてみました。

ここのところ、普段の残業では追いつけなくなり、休日出勤もしなくてはならない程忙しかったのですが、合間をみつけてこつこつDIYして作りました。

そこで、折角作ったので冬のお気に入りエリアとなった房総半島のサーファーに人気のある太東海岸(たいとうかいがん)に行くことにしました。

Simg_4743

途中、以前立ち寄り湯したことのある鴨川グランドホテルの露天風呂にも寄りました。リニューアルされたようで以前と雰囲気が変わっていました。実は海がすぐ下に見え、とても開放感ある露天風呂だったのですがちょっと海が遠くになってしまったのが少し残念でした。

ゆっくり浸かった後は鴨川から北上し、途中でスーパーに寄り買い出しして太東海岸に夕方早めに到着。

Simg_4744

サーファー達がサーフィンを楽しんでおられました。犬を連れて散歩してる方々も結構見受けました。

Simg_4741

オレンジ色の建物はトイレです。青い空とヤシの木とオレンジの屋根は相性がとても良い色彩ですね。

Simg_4742

夕飯まではテレビを見たり、サーフィンをしているところを見てまったり。

今夜の夕飯は牛ステーキと刺身の盛り合わせなどです。今回は久しぶりにビールサーバーも持ってきました。

Simg_4752

室内照明はテーブルの真上にLEDの明るいもので暖かみのある暖色系を取り付けました。自宅の部屋の明るさと変わらないくらいとても明るいです。

Simg_4779

Simg_4780

それと食べ終わってからはLEDのメインの明かりを消してシンクの脇にエジソンランプ(調光機付き)を付け落ち着きのある雰囲気に。なんかまるでバーで飲んでるみたいな雰囲気でお洒落でしょ?(笑)。

Simg_4829

エジソンランプ(40w)の手前にあるのは今流行の多肉植物のフェイクグリーンです。

Simg_4818

テレビを見た後はジャズを聴きながらまったりしました。なんか凄く贅沢な時間です。

Simg_4793

テーブルを表側にし、ベッドボードを乗せてベッドメイキング。今までのベッドだと少しクッション性に乏しかったので座席用のレザー調クッションを11枚をネットで安く購入し、自分で針と糸で縫い結合しました。

Simg_4839

それをベッドボードの上に乗せて使います。それを真ん中からジッパーで分割できるようにし、ダイネット状態の時のローソファーにもなるように工夫しました。

房総といえどもシュラフだけでは寒いです。電気敷き毛布を付けて寝ました。寝心地も良くなり良く眠ることができました。

Simg_4863

朝早くからサーファー達が次々とやって来ました。昨日と同じく犬連れの方々も散歩してました。

Simg_4857

朝飯は軽くほていの焼き鳥缶とご飯とみそ汁。デザートのアロエヨーグルトとコーヒーを食べました。偶にはこうやって海を見ながら車中泊するのも楽しいものですね~。

帰りに更に十数キロ北上したところにあるホテル カアナパリの露天風呂に立ち寄り湯して帰路に付きました。

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

九十九里浜のドッグコテージに行ってきました!

前回は南房総のドッグコテージに行きましたが、今回は九十九里浜のドッグコテージ「海の音(うみのね)、波の音(なみのね)」の「波の音」に家族旅行してきました。

Simg_4620 
Simg_4600

さいたま市の自宅から距離にして70km程度の近さで、自分としては物足りない距離ですがコテージも素敵だし、ビーチもコテージから500m程の近さでとても楽しい家族旅行ができました。
チェックインは14時なのですが30分前に到着してしまい、オーナーさんに電話をすると直ぐに来てくれて中に入れてくれました。
その後、コテージの目の前の小道を歩くこと500mでビーチ。 
Simg_4644 
愛犬のミニーちゃんにとっては老犬で緑内障で目が見えないので途中抱っこしてやっとさ到着。
目の前には開けた遠浅のビーチが! 
Simg_4663 
Simg_4672 
普段は山ばかり行ってますが、冬の海は誰もいなくていいですね~!
でも、時折近くの乗馬クラブのお客さんが乗馬で砂浜を散策しているのが見られます。
とても絵になる光景でした。写真は撮り忘れましたが・・・。
コテージに戻るとミニーちゃんは疲れてお昼寝です。 
Simg_4631 
Simg_4695 
ミニーちゃんにはお家に入ってもらって、その間、近くのハーブガーデンにちょっと早めの夕飯を食べに行きました。
僕は4000円近いステーキ、カミさんはエビフライを注文。大変美味しゅうございました。エビフライも肉厚でぷりっぷりでした。偶にはということで贅沢な食事をしました。
その後、近くのスーパーでデザートと明日の朝の軽食を調達。いちご狩りする予定でしたがスーパーで安く売っていたので明日のいちご狩りは辞めて2パック購入。 
Simg_4708 
コテージに戻って、アルコールを飲みながら先程調達したイチゴとヨーグルトなどを食べました。
寒くなってきたので暖房の他に灯油のストーブもつけると優しい炎の灯りと暖かさが部屋を暖めてくれました。自宅にも四角いタイプの灯油ストーブあるけど、こちらのは明るいしお洒落だし、それにとても暖かく気に入ってしまいました。 
Simg_4711 
Simg_4713 
このお部屋には雰囲気がとても柔らかくて温かみあっていい感じであってますね~!
その後、お風呂にゆっくり浸かって今日一日の疲れをとりました。寝る前にミニーちゃんをオシッコに外に連れ出し、いつものようにオネショしても大丈夫なようにオムツを履かせて寝かしつけました。 
Simg_4715 
Simg_4725 
外にはお月さんが上がってきました。庭からはオリオン座やおおいぬ座が見えました。今回は三脚や広角レンズなど持ってこなかったのでコテージと一緒には収められませんでした。 
Simg_4722 
翌朝、カーテンを開けると日の出が見えます。ここのコテージは南向きで目の前に建物がないので日当たりが最高です! 
Simg_4727 
本当は日の出を撮影しようかと目覚ましをセットしておいたのですが眠気と寒さで断念。結局、朝風呂入って二度寝です。タイムラプス撮影のときも朝日を撮りたいと思いつつも断念してしまうくらい朝が苦手なんですよね~。
今回もオーナーさんがとても気さくな方でとても楽しい家族旅行ができました。

| | コメント (2)

2017年1月15日 (日)

フリップダウンモニター取り付けました!

レクサスLX470にフリップダウンモニターを取り付けました。
Ssimg_4576

フリップダウンモニターを取り付けするのはこれで2度目です。に
1度目はランクルシグナスの時に14.1インチDVD内臓のを取り付けました。
今回買ったレクサスLX470には既に天井真ん中のルームランプのある箇所にアルパインの10インチくらいのモニターが付いています。
走行中、2列目席から見るのには問題ありません。
ですが、私の場合、車中泊でリアに足を向けて寝るので、その時に最後尾に逆向きにモニターがあったら便利だなと思い今回も前回同様に天井内部にステーを2本3列目ルームランプの鉄骨部分から最後尾の鉄骨部分に穴を開け通しました。
Simg_0985
鉄のステーを適当な長さに切って天井のアールに沿うように手で曲げ、回転盤(穴ピッチ80mm)の穴に合わせてステーにも開ける。モニター鉄板にも既存の長穴だけでは補えないので2か所穴開け。
Sfullsizerender
ルームランプの鉄骨に穴を開けタップを切る。
回転盤とステーとの取り付けには穴位置を探すのが苦労するので仕方なく四角く天井をカッターで切り抜いた。
回転盤とモニター鉄板の間には画像には写していないが9mm厚の化粧板が挟み込まれる。回転盤にはナットを締める際動かないようにマスキングテープでナットを固定。
下の画像は回転盤とモニター鉄板を合体させてみたところ。これで一度モニター本体も合体させてみたが天井のアール部分がある為、途中までしか回転できなかった。
なのでこの後、9mm厚の化粧板をかませることになった。(画像なし)
Simg_0991
それで、今回は更にバージョンアップし、15.6インチのモニター(16000円程度)を360度回転できるようにし、バックドアを開けてオートキャンプ時にテーブル席からでも鑑賞できるようにしてみました。
Ssimg_4556
ただ、3列目ルームランプから最後尾まではモニターを回すと対角線の部分で天井のアールになっている部分に干渉し、回転できなくなってしまいます。
その為、回転盤とモニター鉄板の間に9mm厚さの300×200の化粧板を張り付け、天井から少し間を持たせて下げています。天井とモニターの間に隙間ができてしまうのは仕方ありません。
Ssimg_4588
地デジチューナーは今回は前回感度がイマイチだったので使っていなかったKATUNOKIの4×4のチューナー(15000円程度)をサブバッテリーから電源を取り使うことにしました。前回は因みに走行時に使っているをメイン・サブ切り替えリレーでサブバッテリーに切り替えて鑑賞していました。
今回はやる作業が多くて面倒なので感度がイマイチでも妥協。
その他、天井真ん中のアルパインモニターの両脇付近にLEDダウンライト(ニュージャパンヨット株式会社販売)のLEDスリムライトミニ(3600円のを2つ)を取り付けました。
タッチセンサー式でタッチすると青いライトが明るく光ります。これをマイナスコントロールでリレーを使ってドア連動、常時オン、常時オフできるように配線しました。
Ssimg_4584
Ssimg_4567
その他、ラジオオートアンテナが先端付近が曲がっていたので交換しました。3000円程度で売っているので緩めて力ずくで引き抜いて吸い込ませるだけなので簡単です。
その他、リアのドアスピーカーのサランネットがほころびていたので前後4枚ドア内張り剥がして新しいサランネットに交換。5000円程度で1m×2mで売っています。若干薄手だったので2枚重ねで張りました。内張り剥がすのが面倒でしたが、作業自体はボンドでサランネット張るのは単純で難しい作業ではありません。
実は1回張り直してサランネットの色味が薄いベージュだったので元の色味と違う為気に入らず、ダイロンマルチで濃い茶色に染色してから再び張り重ねています。使用感漂っていたのが新品になって気持ちいいですね~!
Ssimg_4585_2
その他、サイドミラーのブルーミラーコーティングのコーティング剥がれが気になったので新しいブルーサイドミラー(12500円程度)に交換しました。
その他、フロントグリルの塗装剥がれ、サイドの窓枠ゴムモールと枠部を染めQで黒く塗装。とても綺麗になりました。
その他、センターオーディオパネルの上部が社外ナビ入れ替えで引っ掛かる為か?前のオーナーが切削しているプラスチック部分を再生しました。プラスチック屋なのでアクリル丸棒とパテで再生はそう難しい作業ではありません。
その他、デイタイム・ランニング・ライトの解除。北米仕様なのでエンジン掛けてサイドブレーキ下すと勝手にハイビームが光量半分で点灯してしまいます。
とりあえずは、ハイビームのリフレクターの手前の+線をカットして4極リレーを左右割り込ませ、オンオフできるようにスイッチをハンドル脇にトグルスイッチでコントロールできるようにしました。
ただし、DRLをスイッチオフにしている状態だとライビームを点灯できません。ここは今後の課題です。
本革シートはクルマ屋さんのほうで前後シートをリペアしてもらっているのですが、微妙にヒビが再発してきたので靴用の補修材のアドカラーを調色し、模型用の水性艶消しベースを混ぜて筆で自分で補修しました。アドカラーだけですと光沢が出てしまうのでマットベースで光沢が出ないようにする必要があります。
その他、前回も書きましたが、簡易シンク付きの自作車中泊ベッド搭載。サイドビューモニターカメラ(ダッシュボード右端)搭載。
ということで、車弄りを楽しんでる今日この頃です。一段落したら星空のタイムラプス撮影を再開するつもりです。凝り性なので始めちゃうとガーってそればかりにのめり込んじゃうんですよね(笑)。

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

南房総のペット可のコテージ行ってきました!

実は今年の夏、我が家の愛犬ミニーちゃんが緑内障になって失明してしまいました。

それからというもの2、3週間置きに眼圧下げる為の目薬をもらいに動物病院に通っています。
そんなミニーちゃんを連れて買い替えたばかりの車で初旅行に行ってきました。
夏場ならオートキャンプなんですが、今は寒いのでペンションやコテージを探していたところ、南房総にシーグラスというとてもお洒落なペット可能なコテージを見つけました。
シーグラスのファーストコテージ1泊+しゃぶしゃぶセットのプランを選択し予約をいれました。
さいたま市の自宅から首都高、館山道を通って約3時間の道のりでした。
左ハンドルなので慣れるまでいつもより慎重にゆっくり運転です。
現地のコンビニ脇にある建物で受付をします。とても気さくなコテージ・シーグラスのオーナーさんが案内してくれました。てっきり、この建物が宿泊するコテージかと思ってましたが、車で5分程の海沿いにファーストコテージと少し離れたエリアにもセカンド、サードコテージがあります。
Sdpp_0119
Ssdpp_0109
私たちの泊まるファーストコテージはピンク色の大きなリゾートマンションの隣に道路挟んで建っております。
駐車場もとても広く余裕あります。
Sdpp_0191
先ずは、オーナーに勧められた野島崎灯台へ車で向かいました。風が強かったですがさいたま市とは違って気温が暖かいです。日が沈む前で灯台までの散策コースはとても気持ちの良いお散歩ができました。
ヤシの木が明るい南国ムードを掻き立ててくれます。
Sdpp_0049
ミニーちゃんも失明してますが楽しそうにお散歩してました。
Sdpp_0061
その後、散歩を終えコテージに向かいました。
木の扉を開けると思わず「ワオー!」っと叫んでしまいました。
どこもかしこもお洒落なんです!庭にはバーベキューやハンモックなどの設備も充実してます。
コテージ内もとても広く吹き抜けの開放感ある作り。玄関にはコテージの名前の由来になったシーグラスで作られたライトのオブジェなど憎い演出です。
Sdpp_0131
Sdpp_0133
Sdpp_0127
1階の奥にもベッド2つがあり、2階にもベッド2つあります。海の見えるバスルームや海を見ながらくつろぐスペースなど、とても素敵な設計です。
Ssdpp_0121
Ssdpp_0139
Sdpp_0137
Sdpp_0125
それにとても清潔感があり、ハーブの香りで居心地が満点です。
夕方、時間になるとしゃぶしゃぶセットが届けられました。
Sdpp_0129
閉めのうどんも付いて量的にもたっぷりです。実際、多すぎて残してしまいました。
夕飯を食べ終えると、外にミニーのお散歩。その後、天気予報どおり夜は雨。星は残念ながら拝めませんでした。
Sdpp_0147
Sdpp_0157
翌朝、近くのスーパーで買った朝食を軽く食べ、朝のお散歩にミニーを連れ出しました。
チェックアウトをし、鍵を受付の建物に返しに行きます。そして昨日勧められたもう一つの根元海水浴場に行ってみます。
車で10分以内のところにあり、キャンプ場の受付のところでは管理人の方か何か屋根の修理をしておりました。
砂浜は誰もいなかったですが夏場はもの凄く人気のあるキャンプ場のようです。
お昼は昨日寄った野島崎灯台の駐車場へ車を止め、近くの食堂「さざえや」さんへ。
伊勢海老やアジのなめろうがとても美味しかったです。
今回は久しぶりのキャンプ以外の家族旅行でした。
Sdpp_0087
Ssdpp_0203

| | コメント (0)

レクサスLX470に乗り換えました!

色々やってましてブログの更新が随分滞っておりました。

久しぶりの更新になります。
これまでランクル・シグナスに乗っていましたが、次第にレクサスLX470への憧れが強くなり、ランクル・シグナスを手放して米国レクサスLX470を購入しました。
Sdpp_0145
大きな違いはハンドルが左ハンドルになった点くらいです。最初は不安でしたが直ぐに慣れました。実はカミさんの車も同時期にスズキのラパンからダイハツのコペンに買い替えました。偶にコペンに乗ると、ウインカーを間違えてワイパーを動かしてしまいます。笑。
ランクル・シグナスとレクサスLX470の違いは小さな違いが幾つかあります。ランクル・シグナスには大きなセンターコンソールボックスがありますが、レクサスLX470のセンターコンソールボックスは細身のコンソールボックスになっています。というのもレクサスLX470にはフロントシートに肘掛けが付いているからです。
Sdpp_0107
その他ですと、フロントガラス上部のルームランプがランクル・シグナスのとは多少違います。レクサスLX470にはサングラス置き場がありません。
その他、シフトノブがランクル・シグナスはウッドコンビの高級感あるものでしたが、私のレクサスLX470のはブラックのレザーシフトノブを採用しています。ここ少し残念です。ウッドコンビのは買うと3万円以上するんですよね。
メカ的な違いはATが違うようです。ランクル・シグナスはライトトラック用、レクサスLX470は乗用車用を採用とのこと。
外観的にはランクル・シグナスにはサイドアンダーミラーが付いてますが、レクサスLX470には付いていません。
それとサイドコーナーマーカーは北米仕様はオレンジです。デイタイムライトも北米仕様はハイビームが減光して光るハイビームデイタイムライトです。イグニッションをオンにしてサイドブレーキを下げるとエンジン切るまでずっと点灯したまま(他のライト点灯すると一時消えます)になります。
米国では州によって義務づけられているのですが、日本では300カンデラ以下でないと点灯したままというのは車検に通りません。
因みに逆輸入レクサス全車種対応のテスターを買って、デイタイムライトのカスタマイズの項目でオン・オフできるか試しましたが、レクサスLX470はカスタマイズできませんでした。
ハイビームの20Aヒューズを左右抜けば点灯しなくなりますが勿論ハイビームライト自体も点灯しなくなります(これまで、そうやってきたのかな?)。
この辺は、いづれトグルスイッチとリレーでオンオフできるようにしたいと思います。
あと、バックブザーも北米仕様は鳴りません。バックしている最中に眼の不自由な方でも後ろを歩いていたらとても危険なので、こちらもいづれ取り付けたいと思います。
これまで設置したことは、右折などの死角を減らすためにサイドビューカメラをダッシュボード右端に取り付け、ハンドルの近くにオンダッシュモニター付けました。
それと走行充電サブバッテリーシステムをランクル・シグナスから移植。キャンピングベッドもそのまま移植です。基本的に荷台は今までと同じですから。
Sdpp_0105
フリップダウンモニターは最初からアルパインのが付いてました。ただ、車中泊で寝ながら後ろ向いて見たいので、いづれサードシートのあった場所の天井にもう一つ付けると思います。
因みにこのレクサスLX470の気に入ってる点は2クレーブの24インチ高級メッキホイールと60mmオーバーフェンダーを装着しているところ。その他、ヒッチメンバー、エアサスコントローラー、4本出しマフラーなど。
Sdpp_0083
Sdpp_0213
左ハンドル、凄く新鮮な気分です。

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場でオートキャンプしてきました!

日月曜日に栃木県の日光市上三依にあるナラ入沢渓流釣りキャンプ場でオートキャンプしてきました!

場所的には西那須野塩原インターから車で35分。
釣りがメインのキャンプ場のようですがロケーションの良さと管理棟でイワナの塩焼きや手打ちそばなどが食べられるのが魅力的ということでここに決めました。
オートキャンプは区画してあるサイトと自由に車とテントが張れるフリーオートサイトがあり、うちら家族でフリーオートサイトを独占状態。
Dsc01568
皆さん、区画サイトに何故か張っていました。
チェックインは午後1時からで僕らは午後1時半頃到着。到着してワンタッチのタープやワンタッチテントを張り、場所を確保してから手打ちそばとイワナの塩焼き、ビールを飲みに管理棟に向かいました。
いや~、最高に美味しかったです!
で、今年は蛍は殆ど見られないとのこと。去年の水害により蛍が減ってしまったようです。
場内の渓流も水不足で枯れていました。
池は水がありましたが渓流の枯れていたのには少々残念。
場内の奥のサイトを犬の散歩しているとクワガタがいそうな木が沢山あり、樹液に蝶が舞っていたので幹を見てみると小さなクワガタ4匹を見つけました。
入口付近で網と虫かご持っていた子供たちにくれてあげました。
その後も、バーベキューした後などミヤマクワガタなど数匹を見つけたりテントにたかったりしたので先程の子供たちにあげました。
いや~、結構クワガタいるもんですね!童心にかえってしまいました。
その後、消灯が10時なのでキャンプの明かりを消して芝生から星空を見上げると見事なまでの満天の星ではありませんか!
Dsc01532
天の川もかなり濃かったです。今回は家族のキャンプなのでタイムラプス撮影は無しです。
Dsc01557
Dsc01535
Dsc01564
Dsc01562
星景写真を少々撮ったくらいです。久しぶりに見る天の川はやっぱり心が弾みますね~!

| | コメント (0)

暖炉の模様替え

今までの古レンガ調の暖炉をお洒落な白い暖炉に模様替えしました。

Img_0802
天井までレンガ調ブリックタイルを張り付けるか、それとも北米辺りで人気のある白い暖炉にするか悩みましたが、結局このような白い暖炉にしてみました。
これでやっと自分的には満足できる装飾暖炉になりました。
Dsc01509
DIYって本当に楽しいですね!
この日は実はランクルのセカンドシートの足元を犬用にフラットに埋める台も同時進行で一緒に作りました。
キャンプの時にワンちゃんも外の風景を見られるように作りました。

| | コメント (2)

2016年7月 3日 (日)

梅雨の合間にインテリア装飾

梅雨に入ってから2回程星空のタイムラプス撮影に出掛けましたが、雲が多くまともな撮影ができませんでした。

ガソリン代など無駄に出費しては勿体ないので最近休日は家にいる時間が増えます。
暖炉の上に何か飾りたいなとネットで色々検索していたら欲しい物がどんどん増えてきてしまいました。
Img_4408ss
暖炉も自作のフェイクなのですが、観葉植物も飾りたくなりフェイクグリーンを注文。
ギギlivingというネットショップで5000円くらい。とてもリアルでお洒落なフェイクグリーンです。
その他、フェイクのキャンドルスタンド。3つのキャンドルライトが灯ります。
こちらはDECOR Plusというアンティーク雑貨のネットショップで8000円くらい。
ズシッとした重みもありとても素敵です。
Img_4418s
付属しているシャンデリア球は40wの白熱灯が3つ付いてるのですが、部屋が夏だと暑くなるし消費電力が多いのでLEDシャンデリア球を色々探していると揺らめく物を見つけました。
Img_4417s
Beamtecという電球のネットショップで3つで4000円くらい。3つの明かりがとてもいい具合に揺らめくように灯ってくれます。色も少し赤みが多めで1つ2.5wという省エネ。
この揺らめくLEDシャンデリア球はとても癒し効果ありお勧めです。
よく見かけるロウソクタイプの揺らめくLEDの灯りだと電池の消耗が絶えず気に掛かるので、こちらはそういった煩わしさがないのが良いですね。
中央の鏡はアンティーク雑貨CHEERFUL(チアフル)というネットショップで3500円くらいで購入しました。
こちらもズシッとした重みがあり、お洒落なアンティーク調のデザインです。
写真立ては近所のシマホで数百円の購入したものです。
それと、お気に入りのパワーストーンのラピスラズリなどを何気に飾っています。
ラピスラズリは願いを叶えると次々と幸運を引き寄せると言われている世界で最初のパワーストーンとされています。
Img_4397ss
追伸:暖炉の火元は水蒸気式の自作のものは止め、ノーマルな購入した時のDurafameログに戻しました。
水を入れるのが面倒なのと湿気の多い時期は観賞用に使えないことが大きな理由です。
あとは水を使うので漏電などの危険も無い訳ではないですから。
やっぱりリモコンスイッチ一つで操作が楽。
鑑賞として夏場でもエアコン付けながら癒し効果を楽しめるかなという結論になりました(笑)。
揺らぎ具合は背後の壁に投影させるので明るい部屋だと火が薄いので物足りなさを感じますが、暗い部屋ではとても癒される1/fの揺らぎをしてくれるので水蒸気式の不規則な灯り具合よりも実は癒し効果は高いように感じてます。
え~、以上近況報告でした!
いや~、それにしても今年の梅雨は梅雨寒といった言葉が全く聞かないくらいに蒸し暑いですね!昼間は意外と晴れ間も多く真夏のような気温で、夜は雲に覆われ星空は皆無。
早く涼しい高原で煌く星空を仰ぎたいものです。
6月初旬の甘利山より
動画にはならない短い一瞬でしたが星空が写せたので張っておきます。
146
147
148
149

| | コメント (0)

2016年6月 1日 (水)

☆彡Star Time Lapse 4k 赤城山覚満淵 「月へ続く水辺の木道」をアップしました!

今回は完全に月明かりの中での撮影でした。

いつものように仕事が終わってから撮影地に向かい、到着は夜中の0時前くらい。
赤城山の覚満淵(かくまんぶち)の無料の駐車場に到着し、三脚4台、カメラ3台、電動ドリー2台、電動経緯台など諸々の荷物を担いで歩いて湖沼に向かうと、途中鹿除けの網の出入り口に前方を塞がれる。
136
最初、網を手で手繰り寄せ潜ろうとしたら大きいほうの電動ドリーに引っ掛かった。仕方なくザックを下して網から外し、電動ドリーだけ先にくぐらせ、ザックを背負ってそっと網を潜ろうとしたら今度はザックの三脚に網が絡んでしまった。
そんなこんなで数分間、網と格闘(笑)。
139
覚満淵は昔、ドライブがてら寄ったことがあるのである程度は撮影ポイントは把握している。水辺の分岐に到着し、荷物を下ろし、天の川の出る方角を確認しながら少し偵察。
137
すると木道の奥からライトが光った。釣り人か星景撮影か誰が先客がおられるようだ。ライトは消して木道の奥に行ってみることにした。
すると星景タイムラプスをされている方でした。前橋市から来られたとのこと。少しお話をし、戻ってカメラをスタンバイする。
138
南の空を狙うには木道とは反対の岸からでないと厳しそうだが、こちらは水辺から道が遠ざかってしまうのでアングルを探すのに苦労してしまった。それと、道路が南側に位置している為、行き交う車のライトが入ってきてしまうのがこの場所の難点。特にこのエリアはコーナーを攻めにくる車が多いので風景の素晴らしさとは裏腹に残念でならない。
142
赤城山での天の川は光害が結構多いのであまり濃くは見えない。特に今夜は月明かりがあるので尚更だ。それでもなんとか薄っすらと写り込んでくれた。
144
レンゲツツジの開花には少しだけ早かったようで、ちょっとここに来るのを早まったかなと思いつつ水面を漂う朝靄に幻想的な光景に感動した。

| | コメント (2)

2016年5月23日 (月)

☆彡Star Time Lapse 4k 「湯の丸高原 月光下の高原を流れる天の川」をアップしました!

長野県と群馬県の県境に位置する湯の丸高原に行ってタイムラプス撮影してきました。

ここは標高2000mの高原のスキー場で去年の春先にもタイムラプス撮影で訪れたことのある場所です。
仕事が終わって関越道と上信越道を使って自宅から丁度3時間掛かって夜中の12時前に到着。今夜は月齢11のかなり明るい月があるので天の川撮影には向いていないのですが夜中の3時頃になれば月も沈むので徐々に空も暗くなるかなと思ってやってきました。
但し、薄明で空が明るくなるのもその頃なのでザックを担いでドリー2台とカメラ3台持って急いで歩きます。
118
1シーン1時間半でやれば2シーン撮れるのでカメラ3台だと6シーンの計算になります。その為インターバルは5秒程度。つまり5秒露光くらいで天の川を写すために感度も10000とか上げることも多いです。ただ、今回のように月明かりがあると撮り始めと撮り終わりでは露出がかなり変わってきてしまいます。ここが厄介なところなんですよね~。途中でいじる訳にもいかないので難しいところです。
112
もうこの時期だと3時半にもなると高感度設定なので画像は完全に露出オーバーで真っ白になります。目視だと空が明るくなってるのが実感でき懐中電灯がなくても何となく歩ける程度。冬場だともう1時間は撮影できるんですけど夏場の夜はアッという間ですね!
116
122

| | コメント (2)

«☆彡Star Time Lapse 4k  「静寂のバラギ湖」をアップしました!