トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月19日 (土)

友人のカメラ修理

_dsc5293s1 今日は、会社の友人から二眼レフ(ヤシカ マット 124G)のカメラの修理を頼まれ、半日掛けて直してました。

主な修理内容は、露出計が動作しないことと、ファインダー内のゴミ取り、裏蓋のモルト交換です。露出計が付いているのに動作しないというのは何とも気持ちの悪いものです。何とかしてあげようと修理を買って出ました。

_dsc5292s2 とはいうものの、他人様の買ったばかり大事なカメラをいじるのは結構緊張します。ネジをナメないように慎重にファインダーを取り外します。

電池は昔の1.3Vの水銀電池が今は手に入らないので、1.5Vのアルカリ電池LR44を使用。電圧が違いますが、それはこの際無視です。電圧の違いによる針の動きの誤差はASA感度調整ダイヤルで微調整するということにします。電圧を変換する電池アダプターも2000円程度で売っているようですが・・・。

で、LR44はサイズが小さいので電池蓋にガタつかないように詰め物をし、針金を使って接点を結びます。電池蓋が金属製ならば詰め物だけでよいのですが、ヤシカ マット124Gは電池蓋がプラスチックでできている為、詰め物だけでは+-の接点に通電しないからです。

電池を入れても動かない。どうしたものか?ファインダー内の露出計にゴミが溜まっていたので綺麗に取り除き、接点を磨き、稼動部にほんの少しだけCRCを吹きかけました。

すると見事に露出計の針が動き出しました!ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ!

最悪の場合、僕の持っているヤシカの二眼レフ同様、ビニールレザーを剥がし、サイド蓋を開けてハンダ付けなどしなくてはならなかったので、この程度の修理で直ったので助かりました。

ファインダー内のフレネルレンズのゴミも綺麗に取り除き、ミラーの曇りもレンズクリーナーでピカピカ!摺りガラスは縦横の赤い線が入っている為、アルコール類を含む薬品で拭いてしまうと線が消えてしまいます。なので水だけで洗いました。これで完璧です。

_dsc5295s3 ファインダーを閉じた状態。(露出計は作動していない状態)

シャッタースピード1/1秒絞り11。

_dsc5296s4 ファインダーを上げた状態。(露出計作動状態)

シャッタースピード1/1秒絞り11。赤い針が動いているのが確認できると思います。

あとは、フイルム室の裏蓋のモルト交換です。二眼レフの場合、多くのものは毛糸を使っていますが、こちらのヤシカ マット124Gは、ヤシカ最後の二眼レフだけあって毛糸は使われていなく、現在のモルトと同じようなものを使っているため、劣化に弱いです。モルトはフイルム室に外部光が漏れて入って来ないようにするものなので、劣化してポロポロ状態ではフイルムが自然に感光してしまいます。

ポロポロになってしまったモルトはベンジンで綺麗に剥がし、近くの100円ショップで買ってきた黒いフエルトに両面テープを張って代替しました。

修理完了です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

川越散策に行ってきました。

11ss_2 この前のお天気の悪い日曜日、古い町並みで有名な川越に行ってきました。

私の自宅から1時間もあれば行けるところですが、ちゃんと散策をしに行ったのは今回が初めてです。と、言っても飯能市系由で秩父に行くときなどは、車で結構通るのですが・・・。

今回は、小雨が降ったり止んだりの生憎の中途半端な空模様ですが、観光客は思った以上に多いのに驚きました。ちょっと前にアメリカのオークションサイト(イーベイ)で手に入れた二眼レフ(YASHICA-24)を首から提げて傘を差しながら撮影をしました。

大正ロマン通り、喜多院、時の鐘など、ネットで見つけたマップを頼りにブラブラしてきました。菓子屋横丁も行きたかったのですが、場所が分からず断念。帰宅してから近くまで行っていたことに気付き、次回の楽しみにしておきたいと思います。

しかし、この川越というところは本当に古い建物が多く、洋風と和風が混在したとても魅力的な歴史あるところなんだなと改めて実感しました。次回行くときは、大雨のときか青空のときに散策しに行きたいものです。

3ss_2

5ss_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

YASHICA-24

_dsc5283 先日、イーベイで落札したヤシカの二眼レフです。

イーベイの落札代行会社であるビッドバイにて二度目のお買い物。一度目はYASHICA-12で$184で落札し、手数料+送料など含めて日本円で3万円ほど。今回はYASHICA-24で$49で落札。こちらは手数料+送料など含めて日本円で1万1千円ほどでした。

約40年前の二眼レフですがとても綺麗です。因みにYASHICA-24は輸出専用だったらしく、国内では販売されなかったようです。

YASHICA-12の「12」とは12枚撮りフィルムを使用するもので、YASHICA-24は24枚撮りフィルムを使用します。でも、カメラの裏蓋を開けると12枚撮りと24枚撮りフィルムのスタートマークが表示されている為、12枚撮りフィルムも使えるんですがね。この両機の大きな違いは、その他に露出計が違います。どう違うかは、YASHICA-12のほうはファインダーを上に開くと作動し、YASHICA-24のほうは画像に見えてる側面の赤いボタンを押すと作動するようになっています。

買ったときはどちらも電池を入れても動作しませんでしたが、ビニールレザーを破れないように慎重に剥がしてカメラ内部の接続コードを新しいものに替え、ハンダ付けし直しました。すると見事に生き返りました。

実は今日、天気が悪かったのですが、このYASHICA-24を持って川越の町並みを撮りに出掛けてきました。本当は雨の降る川越を撮りたかったのですが、中途半端に霧雨が降ったり止んだりで、雨のスジを撮れなかったのが残念です。

さて、現像のほうですが、水曜日に上がる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

Dsc01495s_4

私の好きな桜スポットは中板橋の石神井川です。今年は石神井川の桜を見に行けませんでしたが、犬の散歩をしながら近所の桜は見ましたよ。 因みにこれは2006年のときの石神井川の桜です。

        Dsc01510s_8  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年5月 »