旅行・地域

2017年2月13日 (月)

九十九里浜のドッグコテージに行ってきました!

前回は南房総のドッグコテージに行きましたが、今回は九十九里浜のドッグコテージ「海の音(うみのね)、波の音(なみのね)」の「波の音」に家族旅行してきました。

Simg_4620 
Simg_4600

さいたま市の自宅から距離にして70km程度の近さで、自分としては物足りない距離ですがコテージも素敵だし、ビーチもコテージから500m程の近さでとても楽しい家族旅行ができました。
チェックインは14時なのですが30分前に到着してしまい、オーナーさんに電話をすると直ぐに来てくれて中に入れてくれました。
その後、コテージの目の前の小道を歩くこと500mでビーチ。 
Simg_4644 
愛犬のミニーちゃんにとっては老犬で緑内障で目が見えないので途中抱っこしてやっとさ到着。
目の前には開けた遠浅のビーチが! 
Simg_4663 
Simg_4672 
普段は山ばかり行ってますが、冬の海は誰もいなくていいですね~!
でも、時折近くの乗馬クラブのお客さんが乗馬で砂浜を散策しているのが見られます。
とても絵になる光景でした。写真は撮り忘れましたが・・・。
コテージに戻るとミニーちゃんは疲れてお昼寝です。 
Simg_4631 
Simg_4695 
ミニーちゃんにはお家に入ってもらって、その間、近くのハーブガーデンにちょっと早めの夕飯を食べに行きました。
僕は4000円近いステーキ、カミさんはエビフライを注文。大変美味しゅうございました。エビフライも肉厚でぷりっぷりでした。偶にはということで贅沢な食事をしました。
その後、近くのスーパーでデザートと明日の朝の軽食を調達。いちご狩りする予定でしたがスーパーで安く売っていたので明日のいちご狩りは辞めて2パック購入。 
Simg_4708 
コテージに戻って、アルコールを飲みながら先程調達したイチゴとヨーグルトなどを食べました。
寒くなってきたので暖房の他に灯油のストーブもつけると優しい炎の灯りと暖かさが部屋を暖めてくれました。自宅にも四角いタイプの灯油ストーブあるけど、こちらのは明るいしお洒落だし、それにとても暖かく気に入ってしまいました。 
Simg_4711 
Simg_4713 
このお部屋には雰囲気がとても柔らかくて温かみあっていい感じであってますね~!
その後、お風呂にゆっくり浸かって今日一日の疲れをとりました。寝る前にミニーちゃんをオシッコに外に連れ出し、いつものようにオネショしても大丈夫なようにオムツを履かせて寝かしつけました。 
Simg_4715 
Simg_4725 
外にはお月さんが上がってきました。庭からはオリオン座やおおいぬ座が見えました。今回は三脚や広角レンズなど持ってこなかったのでコテージと一緒には収められませんでした。 
Simg_4722 
翌朝、カーテンを開けると日の出が見えます。ここのコテージは南向きで目の前に建物がないので日当たりが最高です! 
Simg_4727 
本当は日の出を撮影しようかと目覚ましをセットしておいたのですが眠気と寒さで断念。結局、朝風呂入って二度寝です。タイムラプス撮影のときも朝日を撮りたいと思いつつも断念してしまうくらい朝が苦手なんですよね~。
今回もオーナーさんがとても気さくな方でとても楽しい家族旅行ができました。

| | コメント (2)

2016年12月 7日 (水)

南房総のペット可のコテージ行ってきました!

実は今年の夏、我が家の愛犬ミニーちゃんが緑内障になって失明してしまいました。

それからというもの2、3週間置きに眼圧下げる為の目薬をもらいに動物病院に通っています。
そんなミニーちゃんを連れて買い替えたばかりの車で初旅行に行ってきました。
夏場ならオートキャンプなんですが、今は寒いのでペンションやコテージを探していたところ、南房総にシーグラスというとてもお洒落なペット可能なコテージを見つけました。
シーグラスのファーストコテージ1泊+しゃぶしゃぶセットのプランを選択し予約をいれました。
さいたま市の自宅から首都高、館山道を通って約3時間の道のりでした。
左ハンドルなので慣れるまでいつもより慎重にゆっくり運転です。
現地のコンビニ脇にある建物で受付をします。とても気さくなコテージ・シーグラスのオーナーさんが案内してくれました。てっきり、この建物が宿泊するコテージかと思ってましたが、車で5分程の海沿いにファーストコテージと少し離れたエリアにもセカンド、サードコテージがあります。
Sdpp_0119
Ssdpp_0109
私たちの泊まるファーストコテージはピンク色の大きなリゾートマンションの隣に道路挟んで建っております。
駐車場もとても広く余裕あります。
Sdpp_0191
先ずは、オーナーに勧められた野島崎灯台へ車で向かいました。風が強かったですがさいたま市とは違って気温が暖かいです。日が沈む前で灯台までの散策コースはとても気持ちの良いお散歩ができました。
ヤシの木が明るい南国ムードを掻き立ててくれます。
Sdpp_0049
ミニーちゃんも失明してますが楽しそうにお散歩してました。
Sdpp_0061
その後、散歩を終えコテージに向かいました。
木の扉を開けると思わず「ワオー!」っと叫んでしまいました。
どこもかしこもお洒落なんです!庭にはバーベキューやハンモックなどの設備も充実してます。
コテージ内もとても広く吹き抜けの開放感ある作り。玄関にはコテージの名前の由来になったシーグラスで作られたライトのオブジェなど憎い演出です。
Sdpp_0131
Sdpp_0133
Sdpp_0127
1階の奥にもベッド2つがあり、2階にもベッド2つあります。海の見えるバスルームや海を見ながらくつろぐスペースなど、とても素敵な設計です。
Ssdpp_0121
Ssdpp_0139
Sdpp_0137
Sdpp_0125
それにとても清潔感があり、ハーブの香りで居心地が満点です。
夕方、時間になるとしゃぶしゃぶセットが届けられました。
Sdpp_0129
閉めのうどんも付いて量的にもたっぷりです。実際、多すぎて残してしまいました。
夕飯を食べ終えると、外にミニーのお散歩。その後、天気予報どおり夜は雨。星は残念ながら拝めませんでした。
Sdpp_0147
Sdpp_0157
翌朝、近くのスーパーで買った朝食を軽く食べ、朝のお散歩にミニーを連れ出しました。
チェックアウトをし、鍵を受付の建物に返しに行きます。そして昨日勧められたもう一つの根元海水浴場に行ってみます。
車で10分以内のところにあり、キャンプ場の受付のところでは管理人の方か何か屋根の修理をしておりました。
砂浜は誰もいなかったですが夏場はもの凄く人気のあるキャンプ場のようです。
お昼は昨日寄った野島崎灯台の駐車場へ車を止め、近くの食堂「さざえや」さんへ。
伊勢海老やアジのなめろうがとても美味しかったです。
今回は久しぶりのキャンプ以外の家族旅行でした。
Sdpp_0087
Ssdpp_0203

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

ナラ入沢渓流釣りキャンプ場でオートキャンプしてきました!

日月曜日に栃木県の日光市上三依にあるナラ入沢渓流釣りキャンプ場でオートキャンプしてきました!

場所的には西那須野塩原インターから車で35分。
釣りがメインのキャンプ場のようですがロケーションの良さと管理棟でイワナの塩焼きや手打ちそばなどが食べられるのが魅力的ということでここに決めました。
オートキャンプは区画してあるサイトと自由に車とテントが張れるフリーオートサイトがあり、うちら家族でフリーオートサイトを独占状態。
Dsc01568
皆さん、区画サイトに何故か張っていました。
チェックインは午後1時からで僕らは午後1時半頃到着。到着してワンタッチのタープやワンタッチテントを張り、場所を確保してから手打ちそばとイワナの塩焼き、ビールを飲みに管理棟に向かいました。
いや~、最高に美味しかったです!
で、今年は蛍は殆ど見られないとのこと。去年の水害により蛍が減ってしまったようです。
場内の渓流も水不足で枯れていました。
池は水がありましたが渓流の枯れていたのには少々残念。
場内の奥のサイトを犬の散歩しているとクワガタがいそうな木が沢山あり、樹液に蝶が舞っていたので幹を見てみると小さなクワガタ4匹を見つけました。
入口付近で網と虫かご持っていた子供たちにくれてあげました。
その後も、バーベキューした後などミヤマクワガタなど数匹を見つけたりテントにたかったりしたので先程の子供たちにあげました。
いや~、結構クワガタいるもんですね!童心にかえってしまいました。
その後、消灯が10時なのでキャンプの明かりを消して芝生から星空を見上げると見事なまでの満天の星ではありませんか!
Dsc01532
天の川もかなり濃かったです。今回は家族のキャンプなのでタイムラプス撮影は無しです。
Dsc01557
Dsc01535
Dsc01564
Dsc01562
星景写真を少々撮ったくらいです。久しぶりに見る天の川はやっぱり心が弾みますね~!

| | コメント (0)

2016年2月 4日 (木)

沸騰ワード10で美ヶ原王ヶ頭ホテル紹介されます!

明日、金曜日の夜7時「沸騰ワード10」日テレでタイムラプラスの聖地でもある美ヶ原が紹介されます!
お見逃しなく!!!

以前、僕も宿泊した王ヶ頭ホテルから見た満天の星空や雲海などがタイムラプラス映像で紹介されるそうです!

あ、因みに僕の映像ではありませんので勘違いしないように!
360号室が人気あって中々予約できないようですよ!
王ヶ頭ホテル、ここは本当にお勧めします!
僕の泊まった部屋は和洋室でとても良かったのですが、眺めは鉄塔が邪魔してイマイチでした。
夜中はホテルの先で凍えながらタイムラプラス撮影して、休憩に何度か部屋に暖をとりに戻りましたが。
その日は丁度しし座流星群の日でみんなでホテルの庭先で星空ツアーを楽しみました。
料理もとても満足。家族風呂、大浴場も最高でした!
宿泊序でにタイムラプラス撮影、お勧めです!

| | コメント (0)

2014年6月18日 (水)

富士山フェスタ2014

富士山世界遺産登録一周年記念ということで御殿場市富士山樹空の森にて富士山フェスタ2014が6月28日、29日に行われる予定です!

そこで、この前撮影した「樹空の星空」「樹空の夜桜と芝桜」が公開される予定です。

Img004




富士山樹空の森

ご興味ありましたら、どうぞお立ち寄り下さい!

| | コメント (2)

2012年11月19日 (月)

美ヶ原に行ってきました~

今回は珍しく有給休暇をとって日曜月曜日と1泊でカミさんと旅行に行って来ました!

Dpp_0072s

場所は長野県の美ヶ原にある王ヶ頭ホテルです。標高約2000mの雲上のホテルとして人気があり、丁度土曜日17日がしし座流星群のピーク日でその翌日ということで微速度撮影も勿論してきました。というより、僕はこちらがメインでして(笑)。

夕方3時前に山本小屋の無料駐車場に到着。前々日に吹雪とのホテル側からの連絡を受けましたが、当日は晴れてすんなり駐車場まで到着しました。

ここには二度程以前に微速度撮影などに来ています。その時は夜の天気はダメで昼間のシーンを王ヶ頭のところまで歩いてきて撮影したことがあります。

今回は天気も回復傾向なので期待が持てます。山本小屋からホテルの送迎ワンボックスカーが迎えに来たのでお客さん10名くらいでしょうか1回では乗り切れないので2回に分けてホテルに向かいました。すぐにお風呂につかり、その後夕食。中々の御馳走を召し上がりました。とても満足です。

その後、星空ツアーというイベントがあるので参加しました。参加者は20人くらいいたでしょうか、とっても楽しかったです。みなさん、普段見れない満天の星空と流星群、そして解説に楽しまれておりました。

イベントも終わり、静まり返った白銀の世界で僕一人、ホテルから数百メートル離れたところで撮影の準備をしました。今回はポケットドリーのドリエモンを持っていきました。流石に大きいほうのスイングバイ・マーク3を持ち込むのは迷惑ですからね~。

今回は氷点下5度。でも、風が結構吹いてきて体感温度はかなり寒かったです。何度も部屋に戻って休憩しました。カミさんには顔がヤバいよ~!と言われる始末。マジで吹き上がってくる風で厳しかったです。夜間は概ね晴れ。流星も一晩で20個以上は見れました。流星痕を残すのも幾つか見ました。

Dpp_0381s

なんだかんだ朝方の5時近くまで粘りましたが、もうそのころには完全に濃霧の中でホテル脇に立つアンテナ塔群の赤い光だけが濃霧の中でボヤケながら鈍く光ってました。

Img_9781s

そして、撤収し朝風呂を入り熟睡です。全然寝足りない中起こされ、朝食を頂きました。疲労でエネルギーを消耗したのでご飯もおかわりしました。朝4時ころ出てきた濃霧も相変わらずチェックアウトの時間になってもとれず、送迎バスで昨日車を止めた山本小屋まで送ってもらい帰路につきました。

王ヶ頭ホテルのスタッフの方たちはとても温かく、ツアー企画も色々あるのでとても楽しい一時を過ごすことができ感謝しております。お料理も大変美味しゅうございました。また機会があれば行ってみたいと思います。

| | コメント (4)

2010年4月22日 (木)

中津峡に行ってきました

先日、僕のお気に入りエリアの一つでもある埼玉県の中津峡に行ってきました。

Img_9006s

前夜から出発し、秩父の至るところでは丁度桜が見頃となっており、車で走りながらではありますが外灯に照らされた夜桜を堪能しながら現地に到着しました。

現地の谷間の河原に到着し、空を見上げると谷間の為視界はあまり良くはないのですが、綺麗な星空を見ることができました。

それとなんとも心地良いせせらぎのBGMがザーっと聞こえています。

いや~、何度来ても素敵なロケーションですね~。

朝、谷間に太陽の光が差して来て、せせらぎのBGMとともにリラックスモード。

Img_9005s

コーヒーを沸かし、フライパンで冷凍ピラフを炒めて食べました。

僕はなぜかここに来るときはいつも冷凍ピラフを食べたくなるんです。

ここで冷凍ピラフを食べるとメチャクチャ美味いんですよ!

中津峡=冷凍ピラフという図式というか、パブロフの条件反射というか不思議ですね~(笑)。

ここへは新緑のときにまた来たいな~!

その後、帰り道に途中で三峰神社へも寄って参りました。

Img_9012s

ここでは杉の古木の幽玄さと静寂感が漂っていました。

Img_9014s

Img_9013s

え~と、その前に公園で撮った春の花などもちょっと貼っ付けておきますねー。

ツバキの花はもうすっかり落ちてしまってしたのですが綺麗だなと思ったもので、、、。

Img_9000s

Img_9001s

Img_9003s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

奥多摩の青空

今日は仕事のローテーションによりお休みだったので、昨夜からいつもの奥多摩へ行ってきました。

Dsc02690s

Dsc02693s

いつもの林道をひさすら上がって行くと、大きなオレンジ色した半月が谷間の向こうから徐々に上がってきていました。林道を上がりきり、T字路を右折して下り傾向の細い林道を更に進むとパッと開けた場所がお気に入りの広場です。この広場に来たのも久しぶりです。

以前来た時と比べると随分と様子が変わっておりました。

左側には林があるのですが、伐採されて明るく開けておりました。以前はオリオン座が樹木に隠れてあまり見えなかったのですが、今回は良く見えておりました。

Dsc02692s

広場のところどころには伐採した木材が綺麗に積み上げられておりました。今回も一応テントも持ってきたいるのですが、寒いし面倒なので車中泊することにしました。

Dsc02699s

ワインを飲みながらCDを聴き、その後はiPhoneのSmackTalkというアプリでハムスターやワンちゃんに「こんばんはー!」、「お疲れ様ー!」と話かけ、変な声で復唱してもらいました(笑)。

その後、PIANO MANというピアノのアプリで遊んだりしてました。気が付いたら夜中の2時半です(笑)。

夜中に夢を見ました。普段はほとんど見ないんですけどね・・・。

どんな夢かというとフリークライミングの夢なんです。この広場が分岐になっていて、左に進むとパラグライダーをするエリア。で、右が高さ100m、幅300m位の中間部にオーバーハング帯になった岩壁になっていて、若い兄ちゃん達がたむろって登っておりました。

で、この広場が十数台の車が止まっているんです。若いクライマーとお話もしました。「(私) こんなところに岩があったなんて知らなかったよ!(若)え~、随分前から人気エリアですよー!・・・」そんな感じでしばらく話し込んでおりました。いや~、それにしてもこんなところにオーストラリアのエアーズロックを少し小さくしたような岩があるなんて!

と、尿意をもよおしたら夢から覚めましたとさ。

な~んだ、夢だったのか!

Dsc02697s

朝10時半起床。とても穏やかな山の朝です。外に出ると無風状態でそんなに寒くはないです。時折、ジャンボ機のゴーっという音が青い空から聞こえてきます。それと、ヘリコプターもよく飛んでいました。雲が近くてなんだか自分が空と一体になったような不思議な感覚がします。

Dsc02695s

ナポリタンを湯がいて午後までまったり。その後、山を降りてから「瀬音の湯」で立ち寄り湯して昼寝もしてから帰路につきました。

う~ん、やっぱ山は癒されますね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

小田代ヶ原-沼原湿原ウォーキング&ドライビング

ゴールデンウィークの休みを利用して、金曜日の夜から栃木方面に単独車中泊の旅に出掛けてきました。

Dsc09413s

先ずは最初の目的地である中禅寺湖のずっと上にある戦場ヶ原を目指します。自宅のさいたま市から国道4号線をひたすら走り、国道121号線の日光杉並木を抜け、目立った渋滞もなく順調に小田代ヶ原への起点でもある赤沼駐車場に到着。

今回も天体望遠鏡も持ってきているのですが、結構明るい外灯が駐車場を照らしていて観測には向いていません。ということで、その先にある三本松駐車場に移動してみました。すると、駐車場の奥の方では天体望遠鏡で観測している方が大勢いるではありませんか。

すぐにヘッドライトを消し、私も駐車場に車を止め星空観測の準備に取り掛かります。ここは先程の赤沼駐車場に比べて外灯もそんなに目立ちません。自販機の明かりとトイレの明かりがやや明るいといった感じです。それと時折やってくる車のヘッドライトは我慢するしかありませんね。

しかし、それよりも何よりも月明かりがまだ若干残っているではありませんか(苦笑)。完全に真っ暗にならないと満足な星空は拝めません。腹も減ってきたので夜食を食ってチューハイを飲んでたら睡魔が襲ってきました。いや~こりゃダメだ!

翌朝、車内の暑さで目が覚めます。まだまだ寝たりないのですが暑くて寝てられません(爆)。外はおもいっきりピーカン天気です。標高が高くても今日は結構暑くなる気配です。

本来なら早起きして小田代ヶ原の貴婦人を撮りに行くのですが、まだこの時期は新緑には早く、茶褐色の世界なので日中モードで撮りに行くことにします。

車の脇で軽く朝飯を食べ、赤沼駐車場まで国道沿いを歩き、そこから小田代ヶ原を目指して森林浴ウォーキングをスタートです。今回は撮影メインではなく、森林浴がメインなので重いカメラバックは車に置いて、デイバッグと長袖シャツ、カメラはEOS 10Dに28-80mmズームレンズ、水、食料、コッフェル、ガスだけの軽装備で出発です。

歩き始めると子供達のグループがあちこちにおりました。どうやら湿原の観光ガイドさんが子供達に色々なものを見つけては説明しているようです。私も写真を撮りながらそんな説明に聞き入ったりしました。

Img_5139s

木道脇の熊笹は薄い緑ですが、湿原はまだ茶褐色です。遠くの山の斜面にはところどころまだ残雪が残っているのが確認できます。それでも今日は森林浴には最高のお天気と気温。時折吹く風はまさにそよ風。

Img_5138s

とっても心地良く、気分爽快です。都会の喧騒を忘れ、本当の癒し系ですね~!

木道も終わり、森林帯に入ると休憩ポイントがあります。誰もいなかったのでベンチを占領して暫らく爆睡してしまいました。なんか最高にリフレッシュされるんですけど~(笑)。

Img_5151s

Img_5161s

そして、今回で三度目の貴婦人ポイントに到着です。

Img_5162s_2

Img_5163s

朝方ならこのポイントには数十人のカメラマンが三脚を立てる場所なのですが、現在お昼をちょっと過ぎた時刻。誰もいませんでした。

Img_5174s

その先にあるベンチではみんなお弁当を広げておりました。ベンチがすべて埋まっていたので、私はちょっと先にあるコース脇の枯れ草の上に腰を下ろして、ここでレトルトのインド風チキンカレーライスを温めて食べることにしました。

のんびりとした時間が流れ、再びウォーキング開始です。特にあわてる必要もなく、写真を撮りながらのんびりと赤沼駐車場系由で、車を止めてある三本松駐車場に戻ってきました。

その後、ここから数十キロ北にある那須山麓にある沼原湿原を目指します。中禅寺湖畔を通り、今市から北上。日塩もみじラインを通り、国道400号線に合流する手前に一軒の日帰り入浴の幟を発見。駐車場にはほとんど車も無かったので立ち寄り湯することにしました。建てられてからまだ数年といった感じの建物。600円と比較的リーズナブルな入浴料で、空いてるし良さげです。

わーい、私一人の貸切みたいだ。しかし、シャワーはないんですね(笑)!まあ、いいですが。で、先ずは露天から。うわっ!背中に湯垢のヌメリが!見た目の雰囲気は清潔感ありなんですがね~。ちょっと残念!湯自体はいいのに、もったいないですな~!

湯からあがり、再び沼原湿原を目指して車を走らせます。那須ハイランドGCの先を左折。ここから湿原の駐車場までダートの残る山道です。年々舗装化が進み、林道おたくの私としては寂しい限りです。今回も案の定、舗装化が進んでおりました。沼原湿原の駐車場に着いて、丁度夕陽が沈み、茜色の夕空が西ボッチ方面に染まっているところです。

Dsc09405s

ここは是非とも撮影しておきたいシチュエーションです。真下の沼原池も反射して茜色に染まっておりました。

何枚か夕暮れシーンを撮影した後、砂利道の向こう側にあるちょっとした空き地に車を止め、ポップアップテントを荷物置き場として広げました。勿論、天体望遠鏡もスタンバイします。空も徐々に暗くなり、ランタンを灯します。夕飯には冷凍の鍋焼きうどんとサトウの切り餅を途中のコンビニで調達してきました。

ランタンの上に一人用の網を乗せ、餅を焼きます。三つ焼いて鍋焼きうどんに入れて出来上がり。結構お腹に溜まるし、何よりも香ばしく美味しいので、焼餅を使ったメニューは今後の野宿旅には増えていきそうです(笑)。そして、今夜は前夜のような爆睡モードにならない為にもアルコールは星空撮り終わるまで飲みません。

Img_5189s

ですが・・・。

お月さんのクレーター見た後、空の気配が怪しくなってまいりました。なんとか星空は見えてるのですが、薄雲が張り出してきてるではありませんか!

結局、車載テレビでお笑い番組を外で見ながら様子を伺ってましたが、パッとしないため、三脚固定の星景写真を撮るだけで終わってしまいました。ということで、遅めのアルコールです(爆)。

翌朝、目覚ましアラームを明け方にしてセットしておいたはずが気がつかず、爆睡モードで完全にお日様が出てから前夜同様暑さで目が覚めました。それにしても続々と朝から車が駐車場に入ってきます。7割は埋まったでしょうか。

私はまだまだ寝足りないのでテントから顔だけだして二度寝モードです。どんよりしていたのでそれ程の暑さはなく、気持ちよく小鳥のさえずりをBGMに寝ることができました。でも、紫外線は結構強いんですよね!顔が結構日焼けしてる感じ(笑)。なんだかんだうだうだしていたらお昼になり、腹も減ったのでに昨夜同様に切り餅3つ焼いて、今度はカップのとん汁に入れて食べました。結構イケるかも!

午後、もう何度も訪れた湿原ではありますが、折角なので小1時間程散策してきました。やはり、まだ緑が少なく寂しい気がします。付近の北側の山の斜面には残雪が多く残っています。もうちょっと緑があったほうがいいですね!

その後、全て撤収し、近くの板室温泉に立ち寄り湯です。もう何度も訪れてるので特に感動はありませんが、真昼間の露天風呂というのは贅沢な気分にさせてくれます。

Img_5194s

Dsc09414s 

その後、適当な林の中の道などを見つけてたり、開拓地などを通って、新緑を楽しみながらオール下道で帰宅しました。

Img_5200s

Img_5199s

特に酷い渋滞にもあわず、久しぶりの2泊3日の森林浴&ドライブだったように思います。

Dsc09417s

| | コメント (0)

2009年2月 7日 (土)

天覧山、多峯主山にハイキング

今日は天気が良いので、埼玉県飯能市にある天覧山(てんらんざん195m)、多峯主山(とうのすやま271m)にハイキングしてきました。

20年程前にフリークライミングの練習に何度も訪れたことのある低山で、久しぶりに訪れてみました。

天覧山の駐車場に午前10時半頃に到着。能仁寺の脇のアスファルトの坂を登って行くと、すぐに天覧山中段というトイレのある広場に出ます。あまりにも近いので拍子抜けしてしまいます。

Dsc09181s_2 

天覧山中段の広場から登山道っぽくなり、歩くこと数分で十六羅漢に到着。羅漢像の周りはチャート系の岩盤が多く、鎖場の下ではクライマーが練習をしておりました。僕も以前はここのオーバーハングを登りによく来たものです。

Dsc09187s

鎖場から急な箇所を越えるとすぐに頂上です。う~ん、あっけないですね(笑)!コンクリートで固められた違和感ある山頂からは、関東平野が一望できますが、今日はちょっと霞が多く真冬の透明度はないようです。

Dsc09186s

ちょっと休憩して、今度は多峯主山を目指して歩き出します。丸木の階段の坂を下って行くと、湿地帯に飛び出ます。今までは樹林帯だったのですが、ここはとても明るく開けています。水溜りにはカエルの卵も見受けられます。マムシ注意の看板もありました。

Dsc09209s

しばらく明るい湿地帯の脇を歩き、再び樹林帯の登り坂になりました。見返り坂というようです。

Dsc09197s

見返り坂をどんどん登って行くと、雨乞い池というちょっと暗めな溜池に飛び出ます。雨乞い池を過ぎると、多峯主山の山頂から続く尾根になります。明るくて雰囲気の良い尾根道を歩くこと数分で、標高271mの多峯主山山頂に飛び出ます。

Dsc09193s

山頂には数十人のハイキング客で賑わっておりました。丁度お昼ということで、山頂にあるテーブルでコンビニ弁当を食べることにしました。それにしてもポカポカと気持ちの良い日差しです。

お昼を食べ、今来た道をそのまま戻ることにしました。朝、通った能任寺の脇の公園の中の道を通り、駐車場には午後1時半頃に戻ることができました。ゆっくりと写真を撮りながら往復3時間の軽ハイキングと言ったところです。

Dsc09214s

Dsc09215s

このまま帰るのももったいないので、車の中で1時間以上昼寝してから帰路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)